運命腺にはどんな意味があるのか?

手相には色々な線があるのですが、この中で特に世間的に知られているのは運命線でしょう。
手のひらの真ん中に縦にラインが入っているのが運命線です。
手相において、仕事運や全体運を表しているのが運命線です。
男性と女性では少し意味合いが違っており、女性の場合は家庭と仕事、そして男性の場合は仕事のみの運勢を表しています。
女性で運命線がはっきりとしていて、なおかつ線が太いのであれば、仕事を優先的に考えている傾向にあるといわれており、反対に細くて薄くなっているのであれば、家庭を重視する傾向があると考えられています。
また、手相というのは、右手と左手では、同じ線でも意味が違っているケースもあります。
右手の手相というのは外面、そして左手の場合は内面を表しています。
つまり、左手の運命線の場合は、自分が今おかれている状況に対して満足をしているかどうかが分かるのです。
反対に右手の手相というのは、第三者から見て自分はどのように見られているのかが分かるようになっています。
ですので、左手がはっきりとしていて、反対に右手は薄くなっていたり細いのであれば、自分は満足しているけど、周りの人は満足していないと考えることが出来ます。
女性の場合は、仕事と家庭のどちらも運命線に表されていますから、自分が現在の結婚について満足しているのか、そして第三者から見て、よき妻なのかを判断することも可能になっています。
このように、運命線というのは両手でも違っていますし、性別によっても違っているのです。
運命線を見て、自己評価だけではなく、第三者からの評価をある程度知ることが可能になっていると考えることが出来るのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ